関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  関節痛と骨粗しょう症

スポンサードリンク

関節痛と骨粗しょう症

関節痛になったら、自分で痛みを取り除くには、どうしても限界があります。
湿布を貼って、安静にしていたのに、我慢できなくて病院に行ったという方は多いようです。
中には接骨院へ行かれる人ももいらっしゃると思いますが、接骨院はレントゲン撮影が出来ないので、まずは整形外科へ行くのが無難です。

レントゲンを撮ることで、骨が変形していないかどうかを知ることができます。仮に変形がなかったとしても、今の自分の関節の状態を知ることになるので、今後の関節痛の症状を悪化させないためにも大切です。

病院によって違いますが、半年に一度はレントゲンをとって、関節の変化をチェックしてくれる病院もありますので、自分の関節が変形してきていないか、また変形がひどくなっていないかをチェックできるので非常に安心できますよね。

また、関節痛の原因の一つに、骨の老化がが考えられているので、骨密度を測り、骨粗しょう症の検査をしてもらったら、より安心でしょう。骨粗しょう症の検査というものは、簡単なもので、手首から肘までの部分をX線撮影するだけで、骨密度をはかることが出来るので、非常に簡単なものです。所要時間も約2〜3分で終わります。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  関節痛と骨粗しょう症

Google