関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  病院の検査について

スポンサードリンク

病院の検査について

関節痛の痛みに我慢できずに病院に行く場合、そこでは、当然、レントゲンをとってもらうことは、必須条件ですが、他にはどのような検査を受けるのでしょう?

どのような病気でも、医師の問診を受けるのは当然で、医師からの質問に答えるだけではなく、質問があれば聞けるようにしてください。普段、服用している薬・アレルギーなどがあるならば、伝えるようにしてください。

検査としては、血液検査や尿検査などが行われ、これにより、他に病気をひきおこしていないかどうかを調べます。

当然、患部も見せる必要があります。レントゲンをとる場合には、衣服を脱がないといけない場合があるので、脱ぎやすい服装がいいと思います。

レントゲンで関節痛の原因が特定できない場合には、MRI検査をやることがあります。
MRI検査とは、トンネルのような検査台の中に入って身体の断面をあらゆる角度から写し出す方法です。

レントゲンでは写らないような軟骨・靭帯・筋肉も見ることができ、放射線がないので、安心ですよね。
最近では、MRIを導入している病院が多いようですが、たとえ、導入していない病院でも、MRIを撮ってもらえる病院を紹介してくれますよ。



関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  病院の検査について

Google