関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  関節痛の薬

スポンサードリンク

関節痛の薬

関節痛の痛みは、辛いものですよね。
関節痛の治療で病院へ行くと、消炎鎮痛薬を処方されます。

この消炎鎮痛薬には、炎症を引き起こす物質と炎症によって生じた物質を遮断する働きがあり、関節痛、特に変形性膝関節症などには消炎鎮痛剤の中でも非ステロイド系の消炎鎮痛剤が多く使われるようです。痛みに対する速効性も高いです。

ただし、非ステロイド系の消炎鎮痛剤は、食欲不振、胃痛、胸やけなどの副作用が出ることがありますので、胃腸系が弱い人は注意が必要です。

たいていの病院では胃薬も一緒に処方してくれるようですが、それでも胃の不快感がとれない場合には、消炎鎮痛の座薬もあります。

また、関節痛の方には、不眠、しびれや筋肉のこわばりで悩んでいる人も多いようですが、そのような時には、症状にあった薬も処方してもらえます。

処方される消炎鎮痛剤は、絶対、飲まなくてはならないというわけではないので、調子がいいならば、湿布剤だけにしたり、痛いときにだけ飲むなどすればいいと思います。



関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  関節痛の薬

Google