関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  湿布について

スポンサードリンク

湿布について

関節痛の痛みをとる方法で一番手っ取り早いのは、湿布を貼る方法です。

薬局などでは、色々な種類の湿布が販売されていますね。もちろん効き目がいい方がいいのですが、どんな湿布がいいのか迷いますよね。

湿布には、冷やすタイプと温めるタイプがあるのですが、関節痛にはどちらのタイプの湿布がいいのでしょうか。

それは、関節痛の痛みの強さによって変わってきますが、痛みがいつもより強いときは、患部が熱を帯びているので、冷湿布が有効でしょう。そして、強い痛みがとれて、痛みが慢性的なものになったら温湿布で患部を温めるようにしましょう。

とはいっても、体質によっては向き不向きがあり、特に温湿布は、とうがらし成分が入っていますので、ぴりぴりとしたこの刺激いいという方もいれば、かぶれてしまう方もいるようです。冬の寒い時には、冷やすタイプは貼りたくないという人もおられるでしょう。

そのような場合には、経皮吸収型鎮痛消炎剤という冷温の区別がない湿布剤がいいと思います。現在、多くの病院がこのタイプを使用しているようですし、持続時間が長いという利点もあります。

ただし、長時間貼れるからといって、かぶれてしまっては意味がないので、湿布と同じ効果のある塗り薬、や座薬などでも痛みを減らすこともできます。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  湿布について

Google