関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  関節痛の理学療法とは

スポンサードリンク

関節痛の理学療法とは

関節痛の治療には、湿布や薬の他に理学療法も行われます。
理学療法ってご存知でしょうか?

理学療法とは、機能が鈍くなった患部を機能回復のために行うリハビリテーションのことで、痛みを和らげるために行われるリハビリには、運動療法の他、温熱・電気・光線・水などを使って行う物理療法があります。自宅でも行えるにマッサージや体操のやり方も指導してもらえます。

主な物理療法としては、首や腰の関節の軽度の変形を矯正するための牽引(けんいん)。これは、縮まった関節周囲の軟部組織を伸ばしてくれるもので、関節が縮んで痛みがある方には効果的な療法です。

温熱には、微振動でマッサージをしながら患部を温めるウエルダーと呼ばれるものがあり、血行を促進し血液の循環をよくします。これには、磁気も入っているので、患部に金属が埋め込んである人は、使えません。そのような方には、ホットパックがあります。ただし、熱がある場合にはさらに熱が上昇してしまう危険性があるので注意してください。

電気を使用するものとしては、筋肉を強化させたり萎縮するのを防止する役割がある干渉電流療法・低周波などがあります。これはマッサージ効果もあって、血行がよくなるので、むくみが改善されると思います。注意点としては、心臓にペースメーカーが入っている人や妊婦、発作が出る方の使用は出来ません。

他に、炎症を抑えたり痛みをおさえるためのレーザーなども物理療法の一つです。


どれをやるかは、医師と相談して決定しますが、自分にはあわないと感じたり、調子が悪くなった場合にはすぐに報告しましょう。自分にあう理学療法で関節痛の痛みを軽減してくださいね。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の治療 >  関節痛の理学療法とは

Google