関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  膝(ひざ)の関節痛

スポンサードリンク

膝(ひざ)の関節痛

膝(ひざ)の関節痛は、中高年にもなると多くの方が患うそうです。

膝(ひざ)の関節痛は、あまり自覚症状が感じられないためそれほど気にしない方がほとんどのようです。しかし、実はこの時期から予防しておくのが大切なのです。

例えば、正座を避けたり、体を冷やさない、軽い運動をする、クッション性の高い靴を履くなど、膝への負担を極力なくすことが重要なのです。

この初期段階での膝の違和感を放っておくと、どんどん痛みに変わってきます。

立ったり、座ったり、階段に登ったりする時に膝(ひざ)に痛みを感じたなら、軟骨が磨り減って、骨が変形してきていることが考えられ、このような状態を変形性膝関節症といいます。

変形性膝関節症は、軟骨の老化はもちろん 太っている肥満気味の人が多いようです。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  膝(ひざ)の関節痛

Google