関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  膝(ひざ)にたまる水について

スポンサードリンク

膝(ひざ)にたまる水について

膝(ひざ)の関節痛を患っていると膝の水を抜いてもらうという治療法がありますが、この水とは関節液のことです。

この関節液の役割としては、膝関節の潤滑油で、これがないと膝は常にキシキシとした状態になってしまいます。

なぜ膝関節に対して重要な働きを担って関節液を抜く必要があるかといいますと、

関節液は、正常な膝の方でが、わずか1cc程度なのですが、膝(ひざ)の関節痛がひどくなってくると、炎症を起こし関節液がどんどん溜まっていまいます。

これを放置しておくと、歩くときに違和感を感じたり、正座ができなくなってしまいますので、抜く必要があるというわけです。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  膝(ひざ)にたまる水について

Google