関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  関節痛とは

スポンサードリンク

関節痛とは

健康のためにと、ジョギング、ウォーキング、トレキング、サイクリング、山登りなどを趣味としている人が増えていますが、無理をしたり間違ったやり方をして、腰や膝などの関節を痛めてしまったという経験はありませんか?

このような症状のことを関節痛といい、最も多い部位としては、腰・膝・肩のようです。

人間には、膝、肘、肩などには、たくさんの関節があり、この箇所は、曲げたり伸ばしたり動かすことが出来る骨と骨のつなぎ目部分のことです

関節は 骨と骨がこすれて磨り減らないように、軟骨と関節液というもので守られており、これは、自転車のブレーキパッドと潤滑油のようなものだと考えるとわかりやすいです。

自転車のブレーキパッドと潤滑油は、使い続けていると消耗するように、使い続けた関節は軟骨と関節液が減ってしまって、骨と骨が直接こすれあって痛みを生じるようになるというわけです。

関節痛の痛みとしては、動かすと痛い人や寒くなると痛い人など様々です。太っている方は、体重を支える足に負担がかかるので、膝や股関節などの痛みを引き起こします。

スポーツなど決まった関節に負担をかけることを続けていると、関節痛の原因になることもあるようです。

痛みを感じるなら、あまり無理をせずに病院で診てもらいましょう。整形外科ではレントゲン写真をとって、関節の変形などを診てくれますので、まずは整形外科を受診されることをオススメします。


関連エントリー

関節痛(股・膝・ひざ・肩・肘・腰など)の治療Top >  関節痛の基礎知識 >  関節痛とは

Google